BRCホーム

 

 

ソフトウェア

 

 

 

誘発反応記録用ソフトウェア

SigGenRP - 出力波形のデザイン

SigGenRPはパワフルな刺激波形デザイン用ソフトウェアです。一連の実験に必要な刺激パラメータをシステマチックに変化させることができます。直感的なグラフィカルユーザーインタフェースにより、クリック、ノイズ、スイープ波、サイン波などの単純な波形から、複雑な波形まで簡単にデザインできます。デュレーション、周波数、強度、フィルター設定などを自由に調整できます。刺激パラメータと変数スケジュールを保存し、BioSigRPやOpenExなどのTDTアプリケーションを通して刺激を発生させることができます。SigGenRPにはキャリブレーションプログラムが付属し、スピーカの全高調波ひずみの算出およびノーマライゼーションファイルの作成を行います。

top

BioSigRP - 誘発電位のアベレージング記録

BioSigRPはABR、VEP、DPOAEなどの記録解析用の使いやすいソフトウェアです。BioSigRPは、刺激シグナルの発生にSigGenRPファイルを使用し、SigGenRPで設定したように一連の刺激を出力します。最高で2chの刺激出力、4chの反応記録を実行できます。BioSigRP上で刺激出力のタイミング、アベレージング回数、記録ウィンドウ幅の設定ができ、さらにワークシート機能を備え、記録データの詳細なレポートを簡単に作成することができます。 オートカーソル機能でアベレージング後の波形の特定位置のピーク・潜時を読み取り、Cursor Editウィンドウ上で表示し、他の波形と重ね合わせて比較解析が行えます。BioSigRPはパワフルなデータ管理機能も備え、最高100波形まで素早くアクセスでき、多数の演算関数で波形処理を行えます。 ※SigGenRPが必要です。

top