BRCホーム

 

 

システム

 

 

アナログ信号記録&刺激出力システム

TDT System3のラインナップには、刺激出力とデータ記録を行う数多くのプログラマブルDSPベースシステムが揃っています。24bitシグマデルタ方式のA/D&D/Aコンバータは比類ない正確さと高いs/n比を誇り、また16bitPCM方式のコンバータは群遅延特性を最小に押さえたスペックが要求されるアプリケーションに向きます。 RPvdsビジュアルデザインスタジオソフトウェアを使用し、DSPの回路を自由にデザインします。 これらの回路は、RPvds、TDTのアプリケーションソフトウェア、MATLAB・VisualC++・Visual Basicやその他のActiveXコントロールをサポートする言語を通して自由にコントロールできます。

TDTリアルタイムプロセッサの使用例:

  • どんなアナログ信号ソースでも記録できます - DCから120kHzまで、最高20Vp-p

  • 回路により刺激波形を作り出すか、.wavなど刺激波形ファイルをダウンロードして実行

  • トリガー入力ポート、デジタル入出力ポートを使用してTTL信号を記録および出力

  • 128MBのオンボードメモリにデータの貯蓄・刺激データのバッファリングを行ったり、高速インタフェースを通じてPCにストリーミングします。

  • あらゆる実験手法に適応できるフレキシブルなモジュール式構造のSystem3ハードウェア

少数chアナログ信号記録

この経済的でフレキシブルなアナログ信号記録&刺激出力システムは、50MHz Sharc 21065 DSP(最高150MFLOPS)、32MBオンボードメモリー、最高200kHzサンプリングの24bitシグマデルタ方式A/D&D/Aコンバータを搭載した、RP2.1リアルタイムプロセッサを核としています。さらに高速なサンプリングレートが必要な場合、RX6をご使用ください。

 

top

多chアナログ信号記録

このシステムは、5つの100MHz Sharc ADSP 21161 DSP(最高600MFLOPS)、128MBオンボードメモリ、最高24chのアナログ入出力chを備えたRX8をベースとしています。A/D&D/Aコンバータは、16bitPCM方式か、24bitシグマデルタ方式かを選択できます(サンプリングレートは最高100kHzです)。

 

top

 

 

RPvdsソフトウェアの特徴:

基盤となるプロセシングタスクを表すパワフルなコンポーネントライブラリを300種類以上含んでいます。

ドラッグ&ドロップでコンポーネントの追加・リンクを行います。

グラフ、パラメータディスプレイ、簡潔なエラーレポート、そのほかのデバッギングツールにより、回路のエラー発見を助けます。